| main | アロマテラピー:ラベンダーで癒し >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

アロマテラピーで癒し

アロマテラピーは、日本語として訳すならば・・・芳香療法
自然の香りを使って、健康や美容に役立てる事になります。

元々、アロマテラピーの言葉はフランス人の科学者が考案した造語で
アロマは芳香、テラピーは療法を表します。
なお、英語で表現するとアロマセラピーとなります。

植物の香りを嗅ぐと・・・落ち着いたりする『癒し』かと思いますが
昔から、植物の芳香は祭祀・儀礼・治療・美容に用いられてきた歴史があります。
そこで、科学的な分析・検証の上で植物から抽出した精油を使って
心身の健康に応用しようという試みが始まり、アロマテラピーとして生まれました。

アロマテラピーは、病気の予防や不調時の改善、美容などの目的にて使用します。
なお、世の中にはたくさんの精油があり、症状により効果的な精油が存在しています。
ただ、人によって香りの好みがあり、幾ら効果的だからと言って嫌いな香りを嗅ぐのは
逆にストレスになります。
また、その日の体調によっても好きな香り、遠慮したい香りが変わってきます。

色んな種類の精油を準備すれば良いのですが、アロマテラピーを始めるにあたり
良い商品がこの『生活の木 アロマテラピー入門セット 検定2級』です。
以下の代表的な精油10種類が揃っています。

 イランイラン、スイートオレンジ、ジュニパー、ゼラニウム、テイートゥリー
 ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー、レモン、ローズマリー

まずは、こちらの精油セットで自身の好きな香りを見極めて自身の『癒し』を
感じてみるのが良いかと思います。

ちなみに、私もアロマテラピー検定2級を取得すべく
この『生活の木 アロマテラピー入門セット 検定2級』を使用しています。


JUGEMテーマ:アロマテラピー

スポンサーサイト

| - | 14:11 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://iyasi-net.jugem.jp/trackback/1

Trackback